ニュース一覧

ヘルプ

▼ニュース一覧

(1638件)

1638件中 1件~10件表示

太陽光

投稿日2016/11/20

ラプラス・システム、新ブランド「L・eye」を立ち上げ

第一弾として低圧市場向けとなるパッケージ製品をリリース主に太陽光発電計測機器の開発や販売を行う株式会社ラプラス・システムは、新たに太陽光発電遠隔監視のブランド「L・eye(エル アイ)」を立ち上げたと発表。それにともない低圧市場向けとなるパッケージ製品をリリースした。高圧向けシェアNo.1の実績をもつ本格監視技術同社は太陽光モニタリング市場において創業より25年間遠隔監視を続け、そこで培われた本格監視技術は高い評価を得ており、高圧向けシェアではNo.1を誇る。そのノウハウを活かし、太陽光発電遠隔監視で必要となる計測機器や通信機器、それにサービス利用料などをオールインワンとしてパッケージして、…

もっと読む

海外

投稿日2016/11/20

NYカーディーラーの太陽光発電導入事例

スミス・ケインズ・フォード・リンカーンが導入した太陽光発電米スタンダード・ソーラーは11月15日、ニューヨーク州ヨンカーズのカーディーラー、スミス・ケインズ・フォード・リンカーンでの太陽光発電の事例を紹介した。設置されたパネルは1272枚394kW。屋上に253kW分を設置し、新設されたV字型ソーラーカーポート2基で141kWとなっている。工事は10月に完成した。年間の発電量は約472kWhであり、スミス・ケインズ・フォード・リンカーンの使用電力の100%をカバーすることが期待されている。また電気自動車用の充電ステーションも備え、ソーラーカーポートは自動車を雨や雪から保護する役目も負う。気に…

もっと読む

太陽光

投稿日2016/11/19

山加電業、福島県白河市に建設中のメガソーラーの現状を発表

発電出力30メガワット山加電業株式会社は、2015年12月11日に受注した、福島県白河市における大規模太陽光発電所建設工事の現状について、ホームページで報告した。この発電所工事は、株式会社LG CNSジャパンから受注したもので、福島県白河市内の敷地に、自営送電線路を含む、大規模太陽光発電所の建設を行うもの。太陽光発電のパネル枚数は、110,352枚で、発電出力は30898.56キロワットを予定している。現在の状況は、モジュール取り付け工事が敷地内各所にて急ピッチで進行し、当初の予定通り順調に工事が進んでいる。また、2017年2月中旬に連系開始、6月に完成予定となっている。EPC事業とO&Mも…

もっと読む

バイオマス

投稿日2016/11/19

タケエイ、バイオマス発電の熱エネルギーを利活用した農業ビジネスに参入

バイオマス発電の熱エネルギーを使った高糖度トマト栽培株式会社タケエイは11月17日、銀座農園株式会社と資本提携することにより新たに農業ビジネスに参入することを決めたと発表した。この事業は、タケエイが国内で展開している山林間伐材等の未利用木材を利用したバイオマス発電事業の熱エネルギーを利活用し、高付加価値農産物を生産販売するもの。同社は、廃棄物のリサイクル事業と並ぶ新たな柱として再生可能エネルギーに関する発電事業に積極的に取り組んでいて、森林間伐材を燃料とした木質バイオマス発電所を、国内4ヶ所で稼働あるいは計画している。2013年設立の株式会社津軽バイオマスエナジーは、2015年から売電を開始…

もっと読む

太陽光

投稿日2016/11/19

協和エクシオは千葉県のメガソーラー発電施設「協和エクシオ東金ソーラーファーム」を完成

協和エクシオ東金ソーラーファーム2016年11月17日、株式会社協和エクシオ(以下、協和エクシオ)は、千葉県東金市に建設していた、出力約2,600kWのメガソーラー発電施設「協和エクシオ東金ソーラーファーム」が完成したことを発表した。同社は環境事業の一環として、メガソーラーをはじめとする太陽光発電設備の設計・施工を手掛けるとともに、発電事業にも注力している。発電事業に関しては、2012年11月の同社「府中総合技術センタ」(東京都府中市)での稼働開始から今回の「協和エクシオ東金ソーラーファーム」までを含めると、メガソーラー発電施設10カ所を含む全国14カ所で稼働することになる。また千葉県では、…

もっと読む

太陽光

投稿日2016/11/19

世界最薄・最軽量!「ソーラーペーパー」11月17日発売開始

サンプル展示の店舗では直に触れることもモバイルケースやアクセサリーを専門に取り扱う株式会社ロア・インターナショナルは、同社が輸入販売する世界最薄・最軽量ソーラー充電器、「YOLK(ヨーク)」『ソーラーペーパー』の日本正式発売を開始した。販売は2016年11月17日より、同社の「YOLK(ヨーク)」日本公式ブランドホームページにおいて販売される。またサンプルを展示した店舗も有り、そこでは直接『ソーラーペーパー』に触れることができる。クラウドファンディングで2,600万円以上の支援を集めた注目の商品「YOLK(ヨーク)」『ソーラーペーパー』は、クラウドファンディングサイト「Makuake」を利用…

もっと読む

行政

投稿日2016/11/19

長野県上田市の小学生 県庁でこども記者体験 水力発電に関する質問も

水力発電の質問に対し、菅平発電所を例にあげて説明長野県は11月17日、上田市立神川小学校の4年生10人が同日、「電気はどこから来るのかな?」をテーマとした「こども記者体験」で、県庁を訪問したと発表した。小学生らは県職員に対し、日頃使っている電気はどのようにして作られているか、また、水力発電の仕組みと日本国内の水力発電の割合について質問した。これに対し県職員は、同市を流れる神川の上流に位置する菅平発電所を例に説明した。同発電所は菅平ダムの放流水を活用する発電所である。最大有効落差は276m、最大出力は5400kW。最大使用水量は、1秒あたり2.4m3。発電後の放流水は、かんがい用水や上田市の上…

もっと読む

太陽光

投稿日2016/11/18

ジー・スリーホールディングス、未着工太陽光発電所の買取を決定

「仙台愛子太陽光発電所」未着工分の買取を決定株式会社ジー・スリーホールディングスは11月16日、同日開催の取締役会にて、「仙台愛子太陽光発電所」の未着工分の買取を決めたと発表した。すでに同社は、この8月24日付「未着工太陽光発電所の買取事業の開始に関するお知らせ」にて、合計100MW規模の未着工太陽光発電所の買取事業を開始することを公表していた。今回の買取り案件は、この事業の一つとして実施するもので、買取規模の合計は、この持分買取を含めて39MWになるという。【未着工太陽光発電所の概要】設備名称:仙台愛子太陽光発電所設置場所:宮城県仙台市売電価格:36円/kWh設置面積:1,087,312.…

もっと読む

テクノロジー

投稿日2016/11/18

NEDOは米カリフォルニア州で電気自動車(EV)実証事業を開始

米カリフォルニア州北部都市圏で、電気自動車(EV)の行動範囲拡大を目的とした実証事業2016年11月15日、NEDOは日産自動車(株)、Nissan North America, Inc.および兼松(株)とともに、カリフォルニア州政府とEV充電事業者「EVgo」の協力の下、米カリフォルニア州北部都市圏で電気自動車(EV)の行動範囲拡大を目的とした実証事業「DRIVE the ARC」を11月14日から開始したこを発表した。同実証事業では、都市間を繋ぐ充電インフラの導入が十分でない幹線道路沿いの20カ所以上に50基の急速充電器を設置し、誘導サービスシステム等を構築・提供することでEVの行動範囲…

もっと読む

テクノロジー

投稿日2016/11/18

燃料電池低コスト化に弾み!少量の白金で酸素還元反応が高い触媒を開発

燃料電池自動車や家庭用定置型電源などへの展開も石川県能美市の北陸先端科学技術大学院大学は11月15日、同大学と田中貴金属工業の共同研究グループが、少量の白金で酸素還元反応性が高い触媒の開発に成功したと発表した。これにより、燃料電池やリチウム・空気電池などが低コストで開発されるとみられ、燃料電池自動車や家庭用定置型電源などへの展開が期待されている。燃料電池に使用される電極材料の作製は、現段階では試薬や界面活性剤を使用したり、高温反応条件を適用したりするなど、環境負荷の大きい手法が一般的となっている。また、商用系の電極材料には相当量の白金が使用されているが、白金は希少価値が高いことから、少ない使…

もっと読む

1638件中 1件~10件表示