太陽光発電収益補償保険の販売を開始
HDI Global保険は、太陽光発電所の事業主および投資家に向けた「太陽光発電収益補償保険」の販売を6月1日より開始した。

日本初の日照不足による売電収益減少への補償も
基本補償は、太陽光発電設備の電気的、機械的な事故による財物損害や利益損害を補償するほか、様々な自然災害も補償。また、日本の保険市場では初の、日照不足による売電収益減少への補償も含まれている。

シンプルでわかりやすい補償
具体的な内容は、保険契約時に発電所の年間予想発電量に基づく年間予想売電収入を保険金額として設定し、保険期間内の実際の年間売電収入が予想年間売電収入の90%未満になった場合、かつその原因が日照不足または「収益減少補償特約」にて補償される原因に該当すれば支払いの対象になるそうだ。

太陽光発電収益補償保険の販売に関して、同社は太陽光発電事業特有のリスクを補償するために設計し、従来の保険商品では補償できていなかったリスクをカバーすることができ、この新商品により、日本における太陽光発電事業の更なる成長をサポートしていきたいと語っている。

(画像はHDI Global保険の公式ホームページより)


▼外部リンク

HDI Global保険
https://www.hdi.global/