ニュース一覧

ヘルプ

▼ニュース一覧

(1093件)

1093件中 1件~10件表示

太陽光

投稿日2017/04/30

三井物産株式会社、ヨルダン国営電力公社と新規太陽光発電事業で長期売電契約を締結

20年間の長期売電契約2017年4月27日、三井物産株式会社は、新規に設立した発電事業会社を通じ、新規太陽光発電事業でヨルダン国営電力公社と20年間の長期売電契約を締結したと発表した。三井物産株式会社にとってヨルダンにおける3件目のIPP案件で、総発電容量は約700MWになるという。これは、同国総発電容量の約18%に相当するとしている。新規に設立した発電事業会社は、米国のAES Corporation傘下のAES Jordan Solar B.V.と設立した会社であり、出資比率は、三井物産が40%、AES Jordan Solar B.V.が60%となっている。三井物産株式会社は、風力・太陽…

もっと読む

太陽光

投稿日2017/04/30

JAG国際エナジー、栃木県の16.8MWメガソーラー発電所「壬生ソーラーウェイ」が竣工

栃木県南地区最大級となる「壬生ソーラーウェイ」日本アジアグループ株式会社傘下のJAG国際エナジー株式会社は4月27日、栃木県南地区最大級となる「壬生ソーラーウェイ」を完成させ、竣工式を行った、と発表した。東京都「官民連携再生可能エネルギーファンド事業」投融資案件JAG国際エナジーは、株式会社マルハニチロアセット所有の栃木県下都賀郡壬生町と下野市にまたがる約203,000平方mの土地を取得し、太陽光発電所を開発した。壬生ソーラーウェイは、出力約16.8MWのメガソーラー発電所で、年間電力消費量約5,130世帯分に相当する発電をする。太陽光パネルは、京セラ株式会社製の62,040枚。設計・調達・…

もっと読む

太陽光

投稿日2017/04/29

エクソル、全ての太陽光発電所対象に低価格保守点検サービスを提供開始

O&Mサービス「改正FIT法おまかせプラン」の提供開始株式会社エクソルは4月27日、住宅から産業用までの全太陽光発電所を対象としたO&M(保守点検)サービス「改正FIT法おまかせプラン」の提供を始めると発表した。この4月から改正FIT法が施行され、稼働中を含む全ての太陽光発電システムで、保守点検の実施が義務付けられたことから、適切な対応を行わなければ、是正勧告の後、認定取消となり、場合によっては継続しての発電事業が行えなくなるケースも生じ得るという。その一方、保守点検にかかる費用の問題から、住宅など低圧案件の稼働中システムを中心に、義務化への対応遅れが懸念されている。このため同社は、住宅・産…

もっと読む

太陽光

投稿日2017/04/28

電子工学センター、世界初!ハンディ型太陽光パネル傷探査装置によるサービス開始

ハンディ型太陽光パネル傷探査装置のレンタルと出張探査サービスを開始株式会社電子工学センターは4月26日、太陽光パネル傷探査装置「ソクラテスター(R)Portable」のレンタル受付および太陽光パネルのクラック(傷)出張探査を4月27日より開始する、と発表した。世界初の渦電流磁気誘導方式ハンディ型太陽光パネル傷探査装置太陽光パネルは、初期不良、鳥や強風によるものの落下、経年劣化などにより、傷やひび割れが発生する。それを放置すると、発電効率の低下や電極パターンの断線により熱を持ったホットスポットが発生し火災の原因となることがある。従来の太陽光パネルのクラック探査は、目視による判定や、発電を停止し…

もっと読む

太陽光

投稿日2017/04/28

レノバ、大津ソーラーの出資持ち分追加取得で100%子会社化

共同事業者2社から譲渡株式会社レノバは25日、熊本県の大津町ソーラー発電所を保有する大津ソーラー匿名組合事業の出資持ち分を追加取得したことを発表した。大津ソーラー匿名組合事業のこれまでの出資比率は、レノバが38%、三菱UFJリース株式会社が37%、NECキャピタルソリューション株式会社が25%となっていたが、今回、レノバは6億4,300万円で共同事業者2社の出資持分を取得した。これにより、レノバの出資比率が100%となり、大津ソーラーが同社の連結子会社となったもの。地域に根ざした再生可能エネルギー導入レノバは、「グリーンかつ自立可能なエネルギー・システムを構築し枢要な社会的課題を解決する」と…

もっと読む

太陽光

投稿日2017/04/28

ガイアパワーなど4社、鹿児島県で「鹿屋大崎ソーラーヒルズ太陽光発電所」の起工式実施

「鹿屋大崎ソーラーヒルズ太陽光発電所」を建設株式会社ガイアパワーは4月27日、同社と京セラ株式会社、株式会社九電工、東京センチュリー株式会社の4社が共同出資する「鹿屋大崎ソーラーヒルズ合同会社」が、「鹿屋大崎ソーラーヒルズ太陽光発電所」の起工式を行ったと発表した。この発電所は、鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる合計約200万m2の事業用地に、九州最大級となる出力約92MWの太陽光発電所を建設するもの。京セラ製太陽電池モジュール340,740枚を設置する計画で、この出力は、九州最大級となる約92MW、年間発電量は約99,230MWhを見込んでいる。これは、一般家庭約33,370世帯分の年間電力消…

もっと読む

太陽光

投稿日2017/04/27

NEDOなど3者、地上設置型太陽光発電システムの耐風圧性能試験を開始

地上設置型太陽光発電システムの耐風圧性能試験を開始国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と太陽光発電協会、奥地建産株式会社の3者は4月26日、大阪府松原市にある奥地建産の本社工場に世界最大規模の水平型動風圧試験装置を導入し、耐風圧性能の実証試験を同日に開始すると発表した。固定価格買取制度の支援により、太陽光発電システムの導入は増えているが、構造設計上で安全面での問題が指摘されている。一方、安全面だけを強調すると経済的に成り立たなくなる側面がある。3者はこれまで、自然災害や経年劣化に対し、同システムの安全性と経済性を確保する評価・設計手法を確立するべく、構造安全性の課題…

もっと読む

太陽光

投稿日2017/04/27

再生可能エネルギーの普及を目指す「とやま市民エネルギー協議会」が発足

エネルギーの地産地消による地方創生活動再生可能エネルギーの普及を目指す市民団体「とやま市民エネルギー協議会」の設立総会が、4月22日に富山市の県民共生センターサンフォルテで開かれた。総会では、協議会設立の趣旨として、地域の資源と人智を活用していくという目的の一環として、市民による、市民参加による再生可能エネルギーの普及、推進に取り組むことを決意したことが説明された。そして、富山の恵まれた自然環境を活用し、太陽光発電、水力発電、小水力、マイクロ発電、風力発電、バイオマス発電などの再生可能エネルギーに関する調査・研究を進めていくとしている。その後、協議会の規約や活動方針、予算、役員体制についての…

もっと読む

太陽光

投稿日2017/04/26

レノバ、岩手県軽米町で大規模太陽光発電所の起工式を挙行

岩手県軽米町で大規模太陽光発電所の起工式を挙行株式会社レノバは4月25日、同社が事業計画の策定、開発プロセス全般を主導して岩手県九戸郡軽米町にて開発を進めている大規模太陽光発電所「軽米東ソーラー」の起工式を、この4月20日に行ったと発表した。同発電所は、昨年起工した軽米西ソーラーと八戸自動車道をまたぎ隣接した場所に、事業用地300haを利用して、設備容量80.8MW(モジュールベース)の太陽光発電所として建設するもの。工事期間は2017年3月から2019年11月末で、2019年12月1日の運用開始を予定している。施工の難しい山間部における開発事業では日本最大規模また、東西の大規模太陽光発電所…

もっと読む

太陽光

投稿日2017/04/25

サンテックパワージャパン、LIXIL開発のメガソーラーのO&Mサービスを受注

初めてグループ外のメガソーラーにO&Mサービスを提供サンテックパワージャパン株式会社は4月24日、株式会社LIXILが開発した大規模メガソーラー2サイトのO&Mサービスを受注した、と発表した。サンテックパワージャパンは、今回初めて同社グループ開発以外のメガソーラーに対するO&Mサービスを提供する。LIXILの合計10.1MWメガソーラーにO&Mサービスを提供サンテックパワージャパンは、LIXILが開発した、熊本県玉名郡長洲町で2011年稼働の3.75MW「LIXIL有明SOLARPOWER」と、福島県須賀川市で2014年稼働の6.35MW「LIXIL須賀川SOLARPOWER」の2つのメガソ…

もっと読む

1093件中 1件~10件表示