ニュース一覧

ヘルプ

▼ニュース一覧

(819件)

819件中 1件~10件表示

太陽光

投稿日2016/11/20

ラプラス・システム、新ブランド「L・eye」を立ち上げ

第一弾として低圧市場向けとなるパッケージ製品をリリース主に太陽光発電計測機器の開発や販売を行う株式会社ラプラス・システムは、新たに太陽光発電遠隔監視のブランド「L・eye(エル アイ)」を立ち上げたと発表。それにともない低圧市場向けとなるパッケージ製品をリリースした。高圧向けシェアNo.1の実績をもつ本格監視技術同社は太陽光モニタリング市場において創業より25年間遠隔監視を続け、そこで培われた本格監視技術は高い評価を得ており、高圧向けシェアではNo.1を誇る。そのノウハウを活かし、太陽光発電遠隔監視で必要となる計測機器や通信機器、それにサービス利用料などをオールインワンとしてパッケージして、…

もっと読む

太陽光

投稿日2016/11/19

山加電業、福島県白河市に建設中のメガソーラーの現状を発表

発電出力30メガワット山加電業株式会社は、2015年12月11日に受注した、福島県白河市における大規模太陽光発電所建設工事の現状について、ホームページで報告した。この発電所工事は、株式会社LG CNSジャパンから受注したもので、福島県白河市内の敷地に、自営送電線路を含む、大規模太陽光発電所の建設を行うもの。太陽光発電のパネル枚数は、110,352枚で、発電出力は30898.56キロワットを予定している。現在の状況は、モジュール取り付け工事が敷地内各所にて急ピッチで進行し、当初の予定通り順調に工事が進んでいる。また、2017年2月中旬に連系開始、6月に完成予定となっている。EPC事業とO&Mも…

もっと読む

太陽光

投稿日2016/11/19

協和エクシオは千葉県のメガソーラー発電施設「協和エクシオ東金ソーラーファーム」を完成

協和エクシオ東金ソーラーファーム2016年11月17日、株式会社協和エクシオ(以下、協和エクシオ)は、千葉県東金市に建設していた、出力約2,600kWのメガソーラー発電施設「協和エクシオ東金ソーラーファーム」が完成したことを発表した。同社は環境事業の一環として、メガソーラーをはじめとする太陽光発電設備の設計・施工を手掛けるとともに、発電事業にも注力している。発電事業に関しては、2012年11月の同社「府中総合技術センタ」(東京都府中市)での稼働開始から今回の「協和エクシオ東金ソーラーファーム」までを含めると、メガソーラー発電施設10カ所を含む全国14カ所で稼働することになる。また千葉県では、…

もっと読む

太陽光

投稿日2016/11/19

世界最薄・最軽量!「ソーラーペーパー」11月17日発売開始

サンプル展示の店舗では直に触れることもモバイルケースやアクセサリーを専門に取り扱う株式会社ロア・インターナショナルは、同社が輸入販売する世界最薄・最軽量ソーラー充電器、「YOLK(ヨーク)」『ソーラーペーパー』の日本正式発売を開始した。販売は2016年11月17日より、同社の「YOLK(ヨーク)」日本公式ブランドホームページにおいて販売される。またサンプルを展示した店舗も有り、そこでは直接『ソーラーペーパー』に触れることができる。クラウドファンディングで2,600万円以上の支援を集めた注目の商品「YOLK(ヨーク)」『ソーラーペーパー』は、クラウドファンディングサイト「Makuake」を利用…

もっと読む

太陽光

投稿日2016/11/18

ジー・スリーホールディングス、未着工太陽光発電所の買取を決定

「仙台愛子太陽光発電所」未着工分の買取を決定株式会社ジー・スリーホールディングスは11月16日、同日開催の取締役会にて、「仙台愛子太陽光発電所」の未着工分の買取を決めたと発表した。すでに同社は、この8月24日付「未着工太陽光発電所の買取事業の開始に関するお知らせ」にて、合計100MW規模の未着工太陽光発電所の買取事業を開始することを公表していた。今回の買取り案件は、この事業の一つとして実施するもので、買取規模の合計は、この持分買取を含めて39MWになるという。【未着工太陽光発電所の概要】設備名称:仙台愛子太陽光発電所設置場所:宮城県仙台市売電価格:36円/kWh設置面積:1,087,312.…

もっと読む

太陽光

投稿日2016/11/17

三次元受光型ソーラーライトをクラウドファンディングで海外展開へ

三次元受光の球状太陽電池を使用した照明器具動画配信やオンラインゲーム等、幅広くコンテンツを提供するDMM.comは11月11日、同社が展開するクラウドファンディング支援サービス「DMM Starter」を通じ、球状太陽電池の開発・製造等を行うスフェラーパワー株式会社(以下、スフェラーパワー)のソーラーライトに関するキャンペーンを、米大手クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で公開したと発表した。スフェラーパワーでは、三次元受光の球状太陽電池を使用したソーラー式照明器具「スフェラーランタン」と「スフェラースティック」を製造している。スフェラーランタンは食卓などで使用できる照明で…

もっと読む

太陽光

投稿日2016/11/17

リアルコム、ベトナムでの合弁会社設立と太陽光発電での海外展開を発表

WWB、ベトナムAlphanam社と神宮館の3社で合弁会社設立リアルコム株式会社は11月14日、同社の連結子会社であるWWB株式会社が、ベトナムのAlphanam社と株式会社神宮館との3社共同出資での合弁会社設立を決めたと発表した。これまで同社グループが、ベトナムでのメガソーラー発電所投資と、WWB扱いにての太陽光パネルなどのソーラー関連製品供給などを検討してきた結果、各社と今後の事業展開についての方向性が一致したためとのこと。今後も太陽光発電事業を成長産業とし収益拡大につなげる合弁会社は今後、経済成長により電力需要が年率10%以上伸びると見込まれる同国で、当初100ヘクタールの土地にメガソ…

もっと読む

太陽光

投稿日2016/11/17

アイテス、太陽光パネル点検装置『ソラメンテ』がNTTファシリティーズから受注

『ソラメンテ』がNTTファシリティーズから受注決定株式会社アイテスは11月14日、同社の開発した太陽光パネル点検装置『ソラメンテ』が、株式会社NTTファシリティーズから受注を受けたことを発表した。同社は、1993年に日本IBM野洲工場の品質技術部門から分離独立した解析・分析メーカーで、これまで共同研究などにより培ってきた太陽電池の知見を生かし、太陽光発電所の故障パネルを短時間で1枚単位まで特定できる点検装置「ソラメンテ」を開発している。NTTファシリティーズが運営する全国7支店に配備『ソラメンテ』は、2015年からNTTファシリティーズに試験導入され、他の測定ツールと組み合わせて保守業務を請…

もっと読む

太陽光

投稿日2016/11/16

関西電力はモルディブ共和国における太陽光発電プロジェクトに伴う設備を譲渡

モルディブ共和国における太陽光発電プロジェクト「ディフシ・ソーラーアイス・プロジェクト」2016年11月15日、関西電力は、太陽光発電プロジェクト「ディフシ・ソーラーアイス・プロジェクト」に係る太陽光発電設備や製氷機等の設備一式を、同社からモルディブ共和国へ無償譲渡したことを発表した。設備譲渡式は、11月14日にモルディブ共和国の首都マレにおいて執り行われた。同プロジェクトは、21014年5月、持続可能なエネルギー開発への貢献を目的に実施することとなり、2015年11月からから工事を進めてきたが、2016年年11月6日に全ての工事が完了したことに伴うものである。また、同プロジェクトは、GSE…

もっと読む

太陽光

投稿日2016/11/16

古河電工、独立電源型ソーラー発電充放電制御式LED灯が県発明協会会長賞受賞

「スマコミライト」が鹿児島県発明協会会長賞を受賞古河電気工業株式会社は11月10日、同社グループの株式会社岡野エレクトロニクスが、独立電源型ソーラー発電充放電制御式LED灯「スマコミライト」の意匠で、公益財団法人発明協会が主催する平成28年度地方発明表彰・鹿児島県発明協会会長賞を受賞したと発表した。スマコミライトは、太陽光発電装置に鉛蓄電池とLED照明を組み合わせた夜間照明用の街灯で、常時電源供給が不要なことから設置費用を安価に抑えることができるほか、自然災害等による停電にも影響されない。LED照明部は、日没後に一般防犯灯用20W直管蛍光灯と同等の明るさで自動点灯し、弓形表示部にはいろいろな…

もっと読む

819件中 1件~10件表示