ニュース一覧

ヘルプ

▼ニュース一覧

(106件)

106件中 1件~10件表示

海外

投稿日2017/06/19

JX石油開発、マレーシア・サラワク州沖ラヤン油ガス田の商業生産開始

LNGとして日本国内の需要家などに販売2017年6月15日、JX石油開発株式会社のプロジェクト会社であるJXマレーシア石油開発株式会社は、同社がオペレーターとして75%の権益を保有するマレーシア・サラワク州沖SK10鉱区のラヤン油ガス田において、5月28日に、ガスの商業生産を開始したと発表した。同ガス田で生産されたガスは、ヘランガス田からのガスとともに、海底パイプラインにより、JXTGエネルギー株式会社が出資するマレーシアLNGティガ社の液化プラントに輸送され、同社で液化された後、液化天然ガス(LNG)として日本国内の需要家などに販売される。なお、JXマレーシア石油開発株式会社は、1987年…

もっと読む

海外

投稿日2017/06/17

三菱商事と日本郵船、LNG燃料の供給・販売事業が本格始動

世界初のLNG燃料供給船が稼動開始2017年6月14日、三菱商事株式会社(以下、三菱商事)は、同社とENGIE SA(以下、ENGIE)、日本郵船株式会社(以下、日本郵船)およびFLUXYS SAが設立した合弁会社の保有する液化天然ガス(以下、LNG)燃料供給船「ENGIE ZEEBRUGGE」(以下、同船)が、2017年2月に韓進重工業の影島造船所(韓国・釜山)で竣工し、世界初のLNG燃料供給・販売事業を本格始動したと発表した。国際的な船舶の排出ガス規制強化により、環境負荷が少ないLNG燃料を使用する船舶数が増加しており、同船の就航は、LNG燃料の普及拡大に向けて期待される。「ENGIE …

もっと読む

海外

投稿日2017/06/16

トリナ・ソーラーのPVモジュール、インドの太陽光発電プラントで稼働開始

インドのアンドラプラデシュ州に建設された太陽光発電プラント世界有数の太陽光発電関連企業であるトリナ・ソーラー・ジャパン株式会社は、「SB Energy」により開発された、インドはアンドラプラデシュ州の太陽光発電プラント建設プロジェクトにおいて、同社のPV(太陽光発電)モジュールが稼働を開始したと発表した。445MWの発電規模でインドの70万世帯以上に供給同プロジェクトはソフトバンク・グループとBharti Enterprises、Foxconn Technology Groupの合弁企業となる「SB Energy」が設計・開発を進め、モジュール洗浄や現場メンテナンスおよび世界的に高い実績を誇…

もっと読む

海外

投稿日2017/06/13

REN21、自然エネルギー発電は世界全体で161GWと拡大、投資金額2,416億米ドルは23%減少

自然エネルギー世界白書2017を発表フランスのパリに本部を置くREN21(Renewable Energy Policy Network for the 21st Century)は日本時間6月7日、世界の自然エネルギーの概況を示す年次報告書「自然エネルギー世界白書2017(Renewables 2017 Global Status Report)」(GSR2017)を発表した。GSR2017のプレス発表の日本語翻訳は、認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)が行った。自然エネルギーは最も発電コストが安い選択肢2016年世界全体の自然エネルギー発電設備の新規導入量は161GWに達し…

もっと読む

海外

投稿日2017/06/06

台湾、風力発電の設備容量を2025年までに4.2GWへ

台湾政府「風力発電推進四ヵ年計画」を閣議決定台湾の台北駐日経済文化代表処は6月2日、台湾の行政院(内閣)が6月1日「風力発電推進四ヵ年計画」を閣議決定した、と発表した。同計画は、日本の経済産業省に相当する経済部が提出したもので、2025年までに台湾の風力発電の累計設備容量を4.2GWに引き上げることを目指す。2025年までに陸上・洋上風力発電で年間発電量14GWhを目指す計画では、発電量の高い陸上ウィンドファームを2017年~2020年までに開発し、あわせて海の浅瀬部分に洋上のモデルウィンドファームを建設する。風力発電の設備容量を4年間で652MW増やし、累計設備容量を1,334MWに引き上…

もっと読む

海外

投稿日2017/05/31

ジンコソーラー、アブダビでギガソーラープロジェクト始動

国際銀行、現地銀行からなる財団と融資契約を締結中国の太陽光パネルメーカー、ジンコソーラー(JinkoSolar)は5月24日、アラブ首長国連邦アブダビ首長国に建設するスワイハン(Sweihan)太陽光発電プロジェクトについて、合資企業Sweihan Solar Holding Company Limited (Sweihan Solar)が多国の国際銀行および現地銀行からなる財団と融資契約を締結した、と発表した。合資企業Sweihan Solarは、Sweihan太陽光発電プロジェクトを実施する、ジンコソーラー、丸紅株式会社、アブダビ水電力庁(ADWEA:Abu Dhabi Water an…

もっと読む

海外

投稿日2017/05/30

新日鉄住金エンジニアリングと大阪ガス、タイ国でオンサイトエネルギー供給プロジェクトを竣工

タイ国の横浜ゴムグループタイヤ生産会社にオンサイトエネルギー供給プロジェクトを竣工新日鉄住金エンジニアリング株式会社(NSENGI)と、大阪ガス株式会社(OG)の100%出資会社を通して共同出資するタイ国現地法人NS-OG Energy Solutions(Thailand)Ltd.(NSET)は5月24日、横浜ゴムグループのタイ国におけるタイヤ生産会社Yokohama Tire Manufacturing(Thailand)社(YTMT社)向けオンサイトエネルギー供給プロジェクト建設工事を完了した、と発表した。NSETは、資本金5,510万タイバーツ。出資比率は、新日鉄住金エンジニアリング…

もっと読む

海外

投稿日2017/05/30

ALTENリニューアブルエナジー、サブサハラアフリカ最大の45.5 MWp太陽光発電プラントを受注

ナミビアにおいて45.5MWp太陽光発電プロジェクトを受注スペインのALTENリニューアブルエナジー(ALTEN Energías Renovables)社は5月23日、ナミビアの国営電力会社NamPower社から、南アフリカを除きナミビアおよびサブサハラアフリカにおいて、最大規模の45.5MWp太陽光発電プロジェクトを受注した、と発表した。ALTENリニューアブルエナジー社は、世界展開する太陽光発電専門の独立系発電事業会社(IPP)で、スペイン、オランダ、ケニア、ナイジェリア、メキシコ、ナミビアに事業所をもつ。2016年メキシコで348MWのプロジェクトを受注し、ケニア、ナミビア、ナイジェ…

もっと読む

海外

投稿日2017/05/26

NEDO、二次電池分野におけるドイツ連邦教育研究省(BMBF)との共同宣言に署名

二国間共同研究を通じた両国の連携強化目指す2017年5月24日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)は、ドイツ連邦教育研究省(以下、BMBF)と、二次電池分野においてさらなる協力関係を構築していくことに合意し、2010年9月に締結した、同分野における協同活動に関する基本協定書(以下、MOU)を改訂する共同宣言(以下、同共同宣言)に署名したと発表した。2010年9月に締結したMOUにより、これまで計4回の共同ワークショップを開催するなど、両国の協力関係を深化させてきた。このたびの同共同宣言の調印に伴い、NEDOはBMBFとともに、非競争領域の次世代蓄電池技術に関…

もっと読む

海外

投稿日2017/05/25

NEDOなど、インドネシアでスマートコミュニティ実証システムの運転を開始

スマート&エコ工業団地モデルの構築へ2017年5月24日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)、住友商事株式会社、住商機電貿易株式会社、三菱電機株式会社、富士電機株式会社、およびNTTコミュニケーションズ株式会社は、インドネシアのスルヤチプタ工業団地(以下、同工業団地)で、スマートコミュニティ実証システム(以下、同事業)の運転を開始したと発表した。高い経済成長が続くインドネシアでは、高度なエネルギー利用方法の確立が喫緊の課題であり、NEDOと同国エネルギー鉱物資源省(以下、MEMR)は、同工業団地で同事業を実施するために、2013年7月に基本協定書(MOU)を…

もっと読む

106件中 1件~10件表示