ニュース一覧

ヘルプ

▼ニュース一覧

(126件)

126件中 1件~10件表示

電力小売

投稿日2016/11/17

関東経済産業局、12月に埼玉県で電力・都市ガス小売全面自由化に関する説明会を開催

都市ガスの小売全面自由化に向けた説明経済産業省の関東経済産業局は、2016年12月7日に、埼玉県で、電力・都市ガス小売全面自由化に関する説明会を開催することを発表した。電力やガスをとりまく状況については、今年4月より電力小売の全面自由化が始まり、現在半年が経過、さらに、来年4月に都市ガスの小売全面自由化が開始され、都市ガスを利用する需要家は都市ガスの購入先を自由に選べる、ということになっている。このような状況で、関東経済産業局は今回、需要家に対して都市ガスの小売事業者を選ぶ際のポイントや留意点に加え、電力小売自由化の進捗状況や消費者からの相談事例などについて紹介するための説明会の開催を決めた…

もっと読む

電力小売

投稿日2016/11/17

昭和シェル石油、新たに動力向け「低圧電力プラン」を追加

“動力”を使用するユーザー向けの「低圧電力プラン」昭和シェル石油株式会社は11月15日、大型エアコンやモーターなどの“動力”を使用するユーザー向けの電気料金プラン「低圧電力プラン」について、同日から電気WEBサイト(https://sss-denki.jp/)上で案内を開始したと発表した。同社は2016年4月から、「ガソリンが10円/L安くなる電気(ドライバーズプラン)1」、また同年7月には「昼はもちろん夜に差が出る電気(ホームプラン)2」を、家庭向けに販売している。新たに「低圧電力プラン」を加えることで、一般家庭のほか、事務所・店舗・工場・マンション共用部など、より幅広いユーザーに案内でき…

もっと読む

電力小売

投稿日2016/11/14

清水建設はサステナビリティ事業推進などを目的に電力小売事業に参入

サステナビリティ事業の推進とBSP事業2016年11月11日、清水建設(株)は、サステナビリティ事業の推進とBSP事業の強化を目的に、電力小売事業に参入することを発表した。同社は2016年9月27日、経済産業省より小売電気事業者の登録を受けている。なお、「BSP」は、Building Service Providerの略で、竣工後の施設運営管理サービスを意味する。計画では、11月15日に、同社関連の計8施設を対象に電力供給を開始し、2018年4月にも同社設計施工のビルを主対象にしたB to Bモデルの電力小売事業を開始する予定である。電力需給業務のノウハウを蓄積同社施設、賃貸用不動産、グルー…

もっと読む

電力小売

投稿日2016/11/10

東京電力パワーグリッドなどはIoTプラットフォーム構築の共同実証試験を開始

住宅内電気などの情報を収集・蓄積・加工するIoTプラットフォーム2016年11月7日、東京電力パワーグリッド株式会社(以下、東京電力パワーグリッド)、株式会社日立製作所(以下、日立)、パナソニック株式会社(以下、パナソニック)の3社は、同日からIoTプラットフォーム構築に関する共同実証試験を開始することを発表した。実証実験では、家電製品の種類ごとに電気使用の変化をリアルタイムに検知する電力センサーと住宅内の温度などを測定する環境センサーを分電盤周辺等に設置し、専用センターシステムにおいてデータを収集し、蓄積・加工するIoTプラットフォームを構築する。実証試験今回の実証試験は、東京電力パワーグ…

もっと読む

電力小売

投稿日2016/11/07

東京電力系、電動車両でポイントが貯まる「eチャージポイント」サービス開始

電動車両を所有する顧客対象のポイントサービス開始東京電力エナジーパートナー株式会社は11月2日、電気自動車かプラグインハイブリッド車の電動車両を所有する顧客を対象とした新たなポイントサービス「eチャージポイント」を、2017年2月予定で始めると発表した。このサービスは、関東・中部・関西エリアで同社の新電気料金プラン※ に契約している顧客が、対象車種の電動車両を所有する場合にポイントが貯まる日本初のサービスとなる。※ 新電気料金プラン:スタンダード、プレミアム、スマートライフ、夜トクの各プラン年間最大3,600ポイントを貯めることが可能自宅での月間電気使用量が300kWh以上の場合、「くらしT…

もっと読む

電力小売

投稿日2016/11/04

中部電力、カテエネを活用したALSOKとの提携サービス提供を発表

カテエネを活用したALSOKとの提携サービスを11月から中部電力株式会社は10月31日、綜合警備保障株式会社(ALSOK)との間で家庭向けWEBサービス「カテエネ」を活用したサービスを、11月1日から始めると発表した。不審者の侵入・火災など、暮らしのSOSに応えるサービスをALSOKが展開していることから、同社は今回の提携で「暮らしのコーディネーター」としてのサービス拡充に繋がるとみている。この対象は愛知県、岐阜県、三重県、長野県、静岡県の顧客となり、今後、ALSOKが提供しているホームセキュリティなどのサービスを契約した場合に、カテエネポイントを2年間にわたり毎月最大1,000P(合計24…

もっと読む

電力小売

投稿日2016/10/30

中部電力とトヨタホーム、「スマートライフプラン for スマート・エアーズ」を販売開始

電気料金メニュー「スマートライフプラン for スマート・エアーズ」2017年4月から、中部電力株式会社は、トヨタホームの空調システム「スマート・エアーズ」を導入した顧客向けの電気料金メニュー「スマートライフプラン for スマート・エアーズ」を販売開始する。中部電力とトヨタホームは、「スマート・エアーズ」を導入した顧客の電気使用状況を共同で分析し、同プランの開発に向けて検討を進めてきた。電気料金メニュー概要は、スマートライフプランのデイタイムの料金単価(38円/kWh)を1kWhあたり3円割り引く内容になっている。加入条件は、トヨタホームが販売する中部エリア『愛知県・岐阜県(一部を除く)・…

もっと読む

電力小売

投稿日2016/10/12

東京ガスが低圧電力の販売に関する業務提携を発表

低圧電力の販売に関する業務提携を発表10月7日、東京ガス株式会社(以下、東京ガス)は低圧電力の販売に関する業務提携を発表した。新たに3社と提携提携先は埼玉県幸手市、久喜市、北葛飾郡杉戸町でガスを供給している幸手都市ガス株式会社(以下、幸手都市ガス)、埼玉県飯能市と日高市でガスを供給している西武ガス株式会社(以下、西武ガス))、東京都福生市、羽村市、武蔵村山市、あきる野市、西多摩郡瑞穂町、西多摩郡日の出町でガスを供給している武陽ガス株式会社(以下、武陽ガス)の3社。3社合計で約5万4千件にガスを供給している。現段階で切り替え申し込みは1万2000件東京ガスではこれまでも首都圏エリアのガス会社と…

もっと読む

電力小売

投稿日2016/10/03

ニチコン 大容量蓄電システムを発売

売電から自家消費への移行ニチコンでは従来機(7.2kWh )に比べ大容量(11.1kWh)となる単機能蓄電システム「ESS-U2M1」を10月1日より発売する。今回発売するモデルは通常時は従来機の充放電容量を維持したまま、非常時に備え常時30%(3.3kWh)確保する仕様になっており、災害時の非常電源として意識したモデルになっている。2009年に始まった余剰電力買い取り制度も開始から10年後の2019年には売電が終了する家庭が発生する。また売電価格は年々低下傾向にあるため、蓄電システムの追加により発電した電気を売電から自家消費への移行が期待されている。蓄電システムは大規模災害発生時の広域停電…

もっと読む

電力小売

投稿日2016/09/30

ソーラーフロンティア、電力や発電方法に関する意識調査の結果を発表

発電方法への関心等について質問ソーラーフロンティア株式会社は、4月に開始された電力小売の全面自由化から半年を迎えるのに当たり、全国の20~60才代の主婦1000名を対象に、「電力や発電方法に関する意識調査」を行い、その結果を発表した。質問は、「電力自由化で今後どのような選択肢が広がると良いか」、「発電方法が公開されたら、知りたいか?また知りたい理由」、「これまで発電方法を気にしたことがあるか?」、「発電方法を気にするようになったきっかけは?」、「日本でも発電方法の公開を義務付けてほしいと思うか?」、「発電方法が公開されたら、どのような電力を選びたいか?」、「太陽光で動いたら良いなと思う家電や…

もっと読む

126件中 1件~10件表示