コラム一覧

ヘルプ

▼コラム一覧

(44件)

44件中 21件~30件表示

太陽光

投稿日2015/11/08

執筆者Looop Club運営

天候によって発電量が変わってしまう自然発電エネルギー

天候に左右される自然エネルギー天候によって発電量が変わってしまう自然エネルギーには、太陽光を利用する太陽光発電や太陽熱発電があります。また風を利用する風力発電も天候に左右されます。水力発電は、短期的には影響はありませんが、長く雨が降らないと渇水となり発電に影響を与えます。太陽光への影響太陽光発電の発電量は、晴れの日と比べると、曇りの日は、3~5割程度、雨の日だと1割程度となってしまいます。 このため日本の地域によって発電の稼働率はずいぶん違ってきます。山梨県や長野県など山間部は平均16%程ありますが、東北や山陰などの豪雪地帯は10~12%程に落ちます。 太陽熱発電は太陽光を反射鏡やレンズなど…

もっと読む

太陽光

投稿日2015/11/04

執筆者Looop Club運営

簡単に分かる自然エネルギーの仕組み!

自然エネルギーの種類自然エネルギーを利用した発電は、電気の取り出し方によって2種類に分けられます。1種類は太陽光発電のように自然エネルギーから直接電気を取り出す方式です。この方式で取り出した電気は直流になります。もう1種類は自然エネルギーをタービンや水車などによって、回転運動に変換して電気を取り出す方式です。いわゆる電気を流すとモーターが回る逆の原理です。この方式で取り出した電気は、家庭で使用されているような交流になります。 太陽光発電の仕組み太陽光発電の太陽電池パネルは半導体で出来ています。半導体とは、何か条件を与えると電気を流す物質のことです。太陽電池は光を与えると+が集まるP型半導体と…

もっと読む

太陽光

投稿日2015/10/31

執筆者Looop Club運営

導入を考えたとき、コストの考えは何を基準にして考えればいい?

初期費用はどのくらい?経済産業省所管の再生可能エネルギー(太陽光、風力、地熱、水力、バイオマス)の固定価格買取制度が2012年にスタート。それに伴い、個人住宅においても太陽光パネルの設置件数が増えました。売電による収益だけが理由ではなく、民間でも自然エネルギーの意義の理解や東日本大震災以降の原発不信が高じてのこと。今後さらに家庭用太陽光発電への関心と導入が高まると思われます。さて、太陽光発電の意義は理解して導入を決めても気になるのはそのコスト。何といっても初期費用がどれ位なのかを知りたい。太陽光パネルメーカーは少なくありません。価格の違いそしてメーカーそれぞれでパネルの値段に違いがあり、また…

もっと読む

太陽光

投稿日2015/10/31

執筆者Looop Club運営

太陽光発電所を設置するのに最適な場所

自然エネルギー発電所化石燃料だけに頼る発電の時代から、他のエネルギー資源による発電の開発導入が進められる時代になりました。原子力発電や自然エネルギー発電が次代を担う予想ですが、リスクを考えると原子力発電の導入を懸念する国もあります。一方、再生可能な自然エネルギーの開発に関しては多くの国が積極的に研究開発に取り組み、導入を実現させています。世界各国で増加しつつある自然エネルギー発電は、国土的、地理的、気象的条件により模索され、その国にとって最適の自然エネルギー発電所が導入されているようです。日本の場合は、太陽光、風力、水力、バイオマス、潮力等の自然エネルギーのなかで、一般化がより早く、導入事例…

もっと読む

太陽光

投稿日2015/10/15

執筆者Looop Club運営

世界的に有名なメガソーラー一覧

メガソーラーの仕組みメガソーラーとは大規模な太陽光発電所で、その出力が1MW(メガワット)以上の施設をいいます。この1MWの電力を生み出すには、100m×200mの約2ヘクタールの広さが必要となります。そしてこの電力で約316世帯分の年間使用電力量をまかなうことが出来ます。世界のメガソーラーランキングアメリカのカリフォルニア州には世界最大級のメガソーラーが3ヶ所あります。(2015年現在)その中で最も大きなのは2015年6月に完成した「Solar Star」です。この発電所はロザモンドに建設され発電能力は579MWです。 サンルイスオビスポ郡には2014年10月に完成した「Topazソーラー…

もっと読む

太陽光

投稿日2015/09/30

執筆者Looop Club運営

太陽光発電とは違う?太陽熱発電とは

「太陽熱」と「太陽光」の違い近年、再生可能エネルギーが普及し始めたことで「太陽熱エネルギー」や「太陽光エネルギー」といった言葉を聞く機会も多くなったかと思います。「太陽熱」と「太陽光」は似たような言葉であるため、同じイメージを持つ人もいるかもしれません。どちらも太陽の光がエネルギー源なのですが、エネルギーを生み出す仕組みが根本から異なります。太陽熱発電では、太陽の光により発生した高温の熱を気力発電することで電気が生み出されています。電気を生み出すのに利用される高温の熱は、鏡やレンズなどで太陽炉に集めることで生まれます。太陽光発電では、太陽光を電気に変える太陽電池が使われているため、太陽熱発電…

もっと読む

太陽光

投稿日2015/09/29

執筆者Looop Club運営

宇宙太陽光発電のメリット・デメリット!

宇宙太陽光発電とはみなさんは太陽光発電を宇宙で行う時代がもう間近に迫ってきていることをご存知でしょうか。急速な勢いで技術発展が進んでいる現代では、もはや地球だけでなく宇宙にまでも活動範囲を広げようとしています。宇宙太陽光発電は、宇宙に打ち上げられた人工衛星を使い、太陽の光エネルギーを地球に伝送することでエネルギーを生み出す発電方法です。このアイディア自体は1968年から存在していて、21世紀に突入した頃から本格的に検討が進められるようになりました。この画期的な発電方法は新たな発電方法として期待が寄せられています。その一方で、現時点では数多くの課題が残っており、実用化にいたるまではまだ時間が必…

もっと読む

太陽光

投稿日2015/09/15

執筆者Looop Club運営

太陽光パネルが壊れる?壊れる原因と対処方法

再生可能エネルギーの固定価格買取制度が導入されたことにより、太陽光発電は急速に普及してきました。この太陽光発電の装置は可動部分がないため、20年以上メンテナンスの費用が掛からないとメーカーは宣伝しています。 しかし実際には、台風や強風など自然災害による破損や工事担当者などの人為的被害、パネルや機器、配線等経年劣化による故障など、故障発生率は全体の3割を超えるいう調査結果があります。(2010年NPO法人太陽光発電所ネットワーク調査)太陽光発電の装置太陽光発電の装置は、太陽光を受け電気を発生させる太陽電池パネル、パネルを屋根などに取り付ける架台、電気配線の接続箱、発電した直流から使用可能な交流…

もっと読む

太陽光

投稿日2015/09/09

執筆者Looop Club運営

日照による太陽光の発電量の違いはどのくらいなの?

発電量を求めるには太陽光システムの発電量は、製品の型式、システム容量、設置条件に依存するほか、地域、日射量、気温、設置角度など、さまざまな条件によって変化します。太陽光発電量の計算式発電量 = システム容量 × 日射量 × 損失係数日射量は多いほど発電量は増加し、また、日照時間も長い方が1日あたりの発電量は増加します。独立行政法人・新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)のサイトにある日射量データベースを使えば、各地の月別日射量を求めることができます。では、夏と冬では、日射量が多く日照時間の長い夏の方が発電量が多いのでしょうか。ここで気になるのが損失係数です。損失係数は、下記の式から導く…

もっと読む

太陽光

投稿日2015/09/01

執筆者Looop Club運営

太陽熱温水器の現状はどうなってるの?

太陽熱温水器の現状太陽エネルギーの活用法として、太陽光発電が注目されていますが、太陽を利用するシステムとしては、古くから太陽熱を利用した太陽熱温水器があります。最近は、太陽光発電に関心が集まっていますが、太陽熱温水器の現状について記述します。太陽熱温水器は、太陽の熱エネルギーを太陽集熱器に集め、水や空気等の熱媒体を暖め給湯や冷暖房などに活用するシステムに使用されています。これは、機器の構成が単純であるため、導入の歴史と実績が豊富なシステムです。以前から実用化され、戸建て住宅の屋根に設置してあるものを見かけた方もいらっしゃると思います。太陽熱温水器の特長太陽熱温水器の特長としては、主に以下のよ…

もっと読む

44件中 21件~30件表示