コラム一覧

ヘルプ

▼コラム一覧

(124件)

124件中 41件~50件表示

バイオマス

投稿日2015/11/04

執筆者Looop Club運営

細菌も発電に利用される?一体どんな細菌がエネルギーに利用されるの?

エネルギーの現状現在確認されている化石燃料の可採年数は、石油が53年、天然ガス56年、石炭109年と推定されています(BP統計による)。世界は再生可能エネルギーへの転換を推し進めていますが、コストとの兼ね合いもあり、さまざまな新エネルギーの発見、研究も同時に進んでいます。微生物燃料電池とは河川の汚染具合を表す単位でBODという単位が使われます。このBODとは生物酸素要求量のことで、汚水を細菌が処理するのに、どれだけの酸素が必要かという値です。汚水処理場でこの細菌に酸素を供給するには大変な電力が必要で、その電力量は、わが国の総電力量の0.5%に相当します。ところが2000年頃、アメリカのニュー…

もっと読む

テクノロジー

投稿日2015/11/04

執筆者Looop Club運営

日本に向いている再生可能エネルギーによる発電方法とは

日本の自然環境日本は沖縄から北海道まで南北に長いため気温差があり、四季の間に梅雨があって降水量の多い国です。また周囲は海に囲まれて海洋資源に恵まれ、火山帯に位置しているため地熱資源も豊富にあります。こうした恵まれた自然環境のなかで、日本の再生可能エネルギーは、何をどのように利用すれば有効なのでしょうか。 再生可能エネルギー導入のポテンシャルとは環境省は、2011年4月に「平成22年度 再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査」を発表しました。この調査は、太陽光と風力、中小水力、地熱の4種類の再生可能エネルギーについて、どれだけ資源活用が可能なのか調査を行ったものです。 ポテンシャルの高い再生可…

もっと読む

太陽光

投稿日2015/11/04

執筆者Looop Club運営

簡単に分かる自然エネルギーの仕組み!

自然エネルギーの種類自然エネルギーを利用した発電は、電気の取り出し方によって2種類に分けられます。1種類は太陽光発電のように自然エネルギーから直接電気を取り出す方式です。この方式で取り出した電気は直流になります。もう1種類は自然エネルギーをタービンや水車などによって、回転運動に変換して電気を取り出す方式です。いわゆる電気を流すとモーターが回る逆の原理です。この方式で取り出した電気は、家庭で使用されているような交流になります。 太陽光発電の仕組み太陽光発電の太陽電池パネルは半導体で出来ています。半導体とは、何か条件を与えると電気を流す物質のことです。太陽電池は光を与えると+が集まるP型半導体と…

もっと読む

太陽光

投稿日2015/10/31

執筆者Looop Club運営

導入を考えたとき、コストの考えは何を基準にして考えればいい?

初期費用はどのくらい?経済産業省所管の再生可能エネルギー(太陽光、風力、地熱、水力、バイオマス)の固定価格買取制度が2012年にスタート。それに伴い、個人住宅においても太陽光パネルの設置件数が増えました。売電による収益だけが理由ではなく、民間でも自然エネルギーの意義の理解や東日本大震災以降の原発不信が高じてのこと。今後さらに家庭用太陽光発電への関心と導入が高まると思われます。さて、太陽光発電の意義は理解して導入を決めても気になるのはそのコスト。何といっても初期費用がどれ位なのかを知りたい。太陽光パネルメーカーは少なくありません。価格の違いそしてメーカーそれぞれでパネルの値段に違いがあり、また…

もっと読む

行政

投稿日2015/10/31

執筆者Looop Club運営

再生可能エネルギーを推進するためにこれまで日本でとられた政策

日本の政策日本は資源の少ない国です。主なエネルギー資源である化石燃料も乏しく、長い間、原産国に頼ってきました。しかし、1970年代の2度に渡るオイルショックを経験した後はエネルギーセキュリティを念頭に省エネ対策を邁進しています。電力の使用をできるだけ抑えるために企業には省エネ製品の開発を促し、省エネ自動車や省エネ家庭電化製品を国民生活に普及させてきました。国民の暮らしぶりにも節電を推奨してきました。電気の、無駄のない適切な効率よい使用法の指導により、省エネ生活の心掛けは少なからず国民に浸透しています。しかし、省エネの推進だけが日本のエネルギーセキュリティの対策ではありません。もう一つの大きな…

もっと読む

海外

投稿日2015/10/31

執筆者Looop Club運営

国によって違う?利用される自然エネルギーの種類

自然エネルギーの割合は?現在、世界の全発電量のうち自然エネルギーによる発電量は約23%を占めています。主に風力発電、バイオマス発電、太陽光発電の占める割合が大きいが、伸び方においては風力と太陽光発電が目覚ましい。自然エネルギー発電の利用量の多い国は第一位が中国、次いで米国、そしてドイツ、イタリアと続きます。人口と面積が大きい国は自然エネルギー発電の導入量も供給量も大きいのは想像しやすいですが、国により導入する自然エネルギーの種類が違うのが興味深い。世界的な再生可能エネルギーの推進情勢もあり、各国はお国事情に合わせた研究開発を進めています。世界各国の自然エネルギー利用する自然エネルギーの違いは…

もっと読む

水力

投稿日2015/10/31

執筆者Looop Club運営

潮力発電!海を利用した発電方法がおもしろい!

海にある自然エネルギー海の現象である波、潮流、海洋温度差等にはエネルギーがあります。これらの自然エネルギーを電力に変える方法のひとつが潮力発電です。海流発電とも呼ばれ、潮の流れを利用して発電させる方法です。潮流は潮の干満により規則的に生ずるので、その動きの予測は可能です。これが潮力発電の特徴です。この特徴を利用することで潮力の継続的なエネルギー化が可能であり、結果的に得られる電力量も把握できるのです。つまり、安定した供給が見込まれるということになります。そこで最近では、世界的に再生可能エネルギーとして潮力発電に対する関心が高まっています。潮流のある海域にタービンを置き、潮位差が生む海流の力で…

もっと読む

太陽光

投稿日2015/10/31

執筆者Looop Club運営

太陽光発電所を設置するのに最適な場所

自然エネルギー発電所化石燃料だけに頼る発電の時代から、他のエネルギー資源による発電の開発導入が進められる時代になりました。原子力発電や自然エネルギー発電が次代を担う予想ですが、リスクを考えると原子力発電の導入を懸念する国もあります。一方、再生可能な自然エネルギーの開発に関しては多くの国が積極的に研究開発に取り組み、導入を実現させています。世界各国で増加しつつある自然エネルギー発電は、国土的、地理的、気象的条件により模索され、その国にとって最適の自然エネルギー発電所が導入されているようです。日本の場合は、太陽光、風力、水力、バイオマス、潮力等の自然エネルギーのなかで、一般化がより早く、導入事例…

もっと読む

地熱

投稿日2015/10/31

執筆者Looop Club運営

地熱発電も様々!地熱発電の種類と特徴!

地熱発電の種類石油や石炭などの有限の資源とは違いクリーン再生可能なエネルギーには水力、風力、太陽光、太陽熱、潮力・波力・地熱、バイオマス等の自然エネルギーがあり、世界的に開発されています。中でも日本国内での地熱エネルギーは東日本大震災以降、原発に代わる最有力候補の自然エネルギー源として政府が地熱発電開発の規制を緩和してまで今後の開発、利用を期待されているエネルギーです。地熱発電の種類はフラッシュサイクル発電、バイナリ—サイクル発電、ドライスチーム発電の3方式に分かれます。地熱発電は天候に左右される太陽光、太陽熱、風力とは違い安定した効率と発電力を誇っています。全国地熱発電所の平均発電熱効率は…

もっと読む

テクノロジー

投稿日2015/10/31

執筆者Looop Club運営

日本の自然エネルギー企業一覧と特徴

クリーンと再生可能日本にとって、過去のオイルショックや昨今の原発停止を背景にエネルギーセキュリティーは避けられない課題だ。そしてこの課題に挑むのが自然エネルギーだ。再生可能エネルギーとして地球温暖化抑止にもなると、現在クローズアップされている。「クリーン」と「再生可能」がキーワードだ。こうして次代のエネルギーとして着目されるや、多様な企業が自然エネルギー事業に参入した。ところで、日本の全発電量のうち、自然エネルギーはまだ4%程である。その内訳ランキングは1位小水力、2位バイオマス、3位太陽光(環境エネルギー政策研究所)となっている。そして今、3位の太陽光発電において企業の動向がかまびすしい。…

もっと読む

124件中 41件~50件表示