コラム一覧

ヘルプ

▼コラム一覧

(124件)

124件中 61件~70件表示

テクノロジー

投稿日2015/10/22

執筆者Looop Club運営

今話題の「ペロブスカイト」って何?

ペロブスカイト構造とはペロブスカイト構造とは、結晶構造の一つです。ペロブスカイト(灰チタン石CaTiO3)と同じ結晶構造をペロブスカイト構造と呼んでいます。たとえばBaTiO3(チタン酸バリウム)のように、(A)(B)(X3) という3元系から成る遷移金属酸化物などが、この結晶構造をとります。発電の原理ペロブスカイト太陽電池は、結晶がペロブスカイト構造の有機-無機化合物(CH3NH3PbX3(X =ハロゲン)など)から成っています。この構造のイオンはBサイトに鉛(Pb2+)、Xサイトにヨウ素(I-)、 Aサイトにメチルアンモニウム(CH3NH3+)が入り、それが立方晶配列を形成しています。 …

もっと読む

太陽光

投稿日2015/10/15

執筆者Looop Club運営

世界的に有名なメガソーラー一覧

メガソーラーの仕組みメガソーラーとは大規模な太陽光発電所で、その出力が1MW(メガワット)以上の施設をいいます。この1MWの電力を生み出すには、100m×200mの約2ヘクタールの広さが必要となります。そしてこの電力で約316世帯分の年間使用電力量をまかなうことが出来ます。世界のメガソーラーランキングアメリカのカリフォルニア州には世界最大級のメガソーラーが3ヶ所あります。(2015年現在)その中で最も大きなのは2015年6月に完成した「Solar Star」です。この発電所はロザモンドに建設され発電能力は579MWです。 サンルイスオビスポ郡には2014年10月に完成した「Topazソーラー…

もっと読む

テクノロジー

投稿日2015/10/15

執筆者Looop Club運営

太陽熱発電の規模が大きい国は?

太陽熱発電の仕組み太陽熱発電は、太陽光をレンズや鏡を用いて集光し、その熱で水を蒸発させ蒸気タービンを回して発電する仕組みになっています。太陽光発電は光を直接電気に変換していますが、太陽熱発電は太陽光のもつ熱を電気に変換しています。太陽熱発電の特徴太陽熱発電には日射量の多い赤道に近い地域が適しています。つまりサンベルト地帯と呼ばれる、アフリカ北部、中東、アメリカ合衆国南部などの地域です。また装置の構造上、湿気や砂嵐が少ない地域が好まれ、蒸気タービンを利用する場合は、水分の有無も重要です。 太陽熱発電の種類太陽熱発電は集光方式によって4種類に分けられます。トラフ型は今まで最も普及している方式で、…

もっと読む

風力

投稿日2015/10/06

執筆者Looop Club運営

世界のウィンドファーム一覧

ウィンドファームとはウィンドファームとは、大型の風力発電機を多数設置し、発電した電気を一か所の変電所に集め送電する施設を言います。この風力発電は1800年代後半にイギリスとアメリカ、デンマークでそれぞれ独立して発明されました。その後も欧米では技術開発が進み、オイルショック後の1980年に陸上のウィンドファームが実用化されました。欧州では2000年代に入り、建設場所が問題となり、洋上設置へと移り換わってきました。 ウィンドファームの種類ウィンドファームには、陸上に設置されたものと洋上に設置されたものがあります。陸上ウィンドファームは、風力発電機と運転監視施設、変電所、送電ケーブルなどによって構…

もっと読む

テクノロジー

投稿日2015/10/05

執筆者Looop Club運営

塩分濃度差発電とは?その仕組み

塩分濃度差発電とは塩分濃度差発電は、海水と淡水の塩分濃度の差を利用して電気を作り出す発電です。この発電には、「浸透圧発電」 と 「逆電気透析発電」 の2種類があります。浸透圧発電の原理この発電の仕組みは、ある容器の中を膜で仕切り、片側に海水を流し、もう一方は淡水を流します。この膜に、水は透すが塩水は透さない「半透膜」を用いると、淡水が塩水側に浸透し圧力差が生じます。この圧力差を利用して水車を回し発電をおこないます。 逆電気透析発電の原理海水を真水に換えるには、海水の両端に電極を設けて電圧をかけ、この電極の間を陽イオン交換膜と陰イオン交換膜で仕切ると膜の間から真水が取り出せます。これを電気透析…

もっと読む

行政

投稿日2015/10/05

執筆者Looop Club運営

環境税とは?日本でも取り入れられる?

環境税ってなに?環境税とは、環境に悪影響を与える物質の排出や消費を抑制するために、課税によってその抑制効果を期待するための税金です。環境税の種類この環境税は、地球温暖化の原因となるCO2などの排出量に応じて税金を徴収し、CO2の排出を抑える炭素税が有名です。そのほか地方環境税のように、ある地域固有の自然の破壊などに課す税金もあります。この地方環境税には、森林環境税、水源環境税、産業廃棄物税などがあります。 環境税導入のメリットいちばんのメリットは温室効果ガスの排出量削減が見込めることです。実際に導入しているEUでは、京都議定書の目標値である13%減をクリアしましたが、導入しなかった日本では、…

もっと読む

テクノロジー

投稿日2015/10/01

執筆者Looop Club運営

再生可能エネルギーは逆に環境を破壊しているの?

期待とは裏腹に近年、世界各国が再生可能エネルギー利用の普及に向けて積極的な取り組みを行っています。これまでは主に石油や石炭などの化石燃料が使用されてきました。しかし、有限な資源の枯渇や環境問題などの懸念もあり、化石燃料を問題視する声が増えています。そんな中、問題を解決する新しいエネルギーとして再生可能エネルギーは期待されています。しかし、再生可能エネルギーは環境問題を改善するのではなく、むしろ環境破壊を引き起こすと主張する人も少なくはありません。再生可能エネルギーは今後主力となるエネルギーとして期待されており、良い側面ばかりが取り上げられています。ただ、忘れてはいけないのが「物事には良い面も…

もっと読む

太陽光

投稿日2015/09/30

執筆者Looop Club運営

太陽光発電とは違う?太陽熱発電とは

「太陽熱」と「太陽光」の違い近年、再生可能エネルギーが普及し始めたことで「太陽熱エネルギー」や「太陽光エネルギー」といった言葉を聞く機会も多くなったかと思います。「太陽熱」と「太陽光」は似たような言葉であるため、同じイメージを持つ人もいるかもしれません。どちらも太陽の光がエネルギー源なのですが、エネルギーを生み出す仕組みが根本から異なります。太陽熱発電では、太陽の光により発生した高温の熱を気力発電することで電気が生み出されています。電気を生み出すのに利用される高温の熱は、鏡やレンズなどで太陽炉に集めることで生まれます。太陽光発電では、太陽光を電気に変える太陽電池が使われているため、太陽熱発電…

もっと読む

テクノロジー

投稿日2015/09/30

執筆者Looop Club運営

再生可能エネルギーに取って代わられる?化石燃料のメリット・デメリット!

不当な悪者扱い近年、地球温暖化やエネルギー資源枯渇、環境汚染などの問題もあり、化石燃料は再生可能エネルギーに取って代わられるべきだという声が広がっています。再生可能エネルギーが徐々に普及し始めており、数十年後には今ほど化石燃料が使われなくなっているであろうという予想もされています。しかし、忘れてはいけないのが現段階ではまだ化石燃料が主なエネルギー源だということです。もし今この世から化石燃料がなくなったとしたら、私たちは普段のような暮らしはできないでしょう。再生可能エネルギーの台頭により、マイナス面にばかり目が向けられていますが近代化を進めた功労者であることには間違いありません。今回は化石燃料…

もっと読む

テクノロジー

投稿日2015/09/29

執筆者Looop Club運営

こんなのもあるの?奇想天外な発電方法!

多種多用な発電方法みなさんは発電方法といったら何が思いつくでしょうか。従来の化石燃料を使用した「火力発電や原子力発電」、近年普及し始めた自然エネルギーを使用した「太陽光発電や風力発電」などが真っ先に思い浮かぶかと思います。しかし、世の中には想像の範疇を超えた発電方法があります。そしてその一風変わった発電方法が思わぬ効果をもたらしている場合もあるのです。今回は世の中に実在する変わった発電方法を紹介します。変わった発電方法1.通勤ラッシュ電力JR東日本が東京駅で行った実験です。駅の改札の下にある発電床は、振動が与えられることによって電気が発生する仕組みになっています。そのため、人が改札を通るだけ…

もっと読む

124件中 61件~70件表示