用語集

太陽光 時流商流 行政(制度)
ソーラーシェアリング
読み:そーらーしぇありんぐ

農地に支柱を立てて上部空間に太陽光発電設備等の発電設備を設置し、農業と発電事業を同時に行うこと。営農型発電設備。ソーラーシェアリングを行うことによって、土地・太陽光の有効利用ができるようになると考えられている。

2013年3月に農林水産省が「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取り扱いについて」を公表し、農地の「一時転用」が認められたことにより可能となった。

農林水産省が示した指針の概要は以下の通り。

1.支柱の基礎部分について、一時転用許可の対象とする。転用許可期間が3年間以内であること(問題がない場合には再許可可能)。

2.支柱は簡易な構造で容易に撤去できるものであること。

3.下部の農地における適切な農業の継続が確実であること。

4.下部の農地における単収が同じ年の地域の平均的な単収と比較しておおむね2割以上減少しないこと。

5.許可の条件として、年に1回の報告を義務付け、農産物生産等に支障が生じていないかを確認すること。

Looop ソーラーシェアリング「ソラシェア」(https://looop.co.jp/product/sky_type/sky_type_share.html)

用語集検索TOPに戻る