用語集

電力 太陽光 行政(制度) 商業(制度、サービス)
指定電気事業者
読み:していでんきじぎょうしゃ

経済産業大臣が認定した電力会社で、再生可能エネルギーの接続申込み量が接続可能量をすでに上回っている、または上回ると見込まれる電力会社のこと。指定電気事業者は、年間30日を超えて出力の抑制、出力制御に必要な機器の設置、費用負担その他必要な措置をとること行わなければ、太陽光発電によって発電された電気の受け入れができなくなる恐れがあるため、新規での太陽光発電所からの電力買取中断や無制限の出力抑制などの買取条件を要請できるようになる。電力各社が試算したデータでは3割~5割抑制がかかるため、発電所によっては採算が取れないケースもある。また各電力会社によって、出力制御ルールの適用関係も異なる。2016年1月22日現在、東北、北陸、中国、四国、九州、沖縄電力がの7社が指定電気事業者になっている。

用語集検索TOPに戻る