用語集

電力 太陽光 省エネ
スマートエネルギーネットワーク
読み:すまーとえねるぎーねっとわーく

火力発電所やガス製造所などからでる廃熱を用いて電気や熱を生み出し有効活用する熱電供給(コージェネレーションシステム)を中心に、太陽光や水素などの再生可能エネルギーを組み合わせ、さらにIT技術を用いて地域全体の需要と供給を管理することで、地域単位でのエネルギー利用の最適化を図ることのできるシステム。現在のように集中型のエネルギーシステムと比較し、地方の特色を踏まえた分散型のエネルギー供給が可能となり、災害時のリスク軽減やCO2の削減につながることが期待されている。なお資源エネルギー庁の総合資源エネルギー調査会都市熱エネルギー部会では「コージェネと再生可能エネルギー等から構成されたエネルギーシステムを、熱や電気が相互に利用可能な複数の需要家間で連結するとともに、情報通信技術の活用によって最適な熱と電気の需給を実現し、省エネ・省CO2を図るネットワークシステム」と定義されている。

用語集検索TOPに戻る