用語集

電力 太陽光 行政(制度)
出力制限
読み:しゅつりょくせいげん

経済産業省が指定した北海道・東北・北陸・中国・四国・九州・沖縄の指定電力会社7社が需給状況によって接続している連系事業者に対して行う制限のこと。「出力制御」ともいう。電力の性質上、需要と供給をあわせなければいけないため設けられた制度である。近年の太陽光発電設備の導入と供給過多による懸念されたため、2015年1月26日付で出力制御のルールが変更になった。30日という日数単位の上限が定められている「旧ルール」、360時間という時間単位の上限が定められている「新ルール」、そして制限のかけられていない「新規ルール」が存在する。また各電力会社によって接続可能量が異なるため、制限が適応される電力範囲と開始時期が変わってくる。

用語集検索TOPに戻る