用語集

電力 太陽光 行政(制度)
発送電分離
読み:はっそうでんぶんり

電力会社の発電事業と送電事業を分離すること。発送電分離によって新規事業者の参入が生じ、価格競争により電気料金値下げに繋がるとされている。2011年の東北大震災における首都圏の電力不足や、料金上昇に伴い、政府主導のもと3段階の電力改革が進めれている。発想電分離はこの電力改革の第3段階であり、2016年4月以降の電力小売完全自由化によって参入した新規参入事業者が送配電設備を使いやすくする狙いがある。その一方で発電と小売が分離されることによって効率性が低下し、却って価格上昇に繋がるのではないかとの見方もあり、今後が注目されている。

用語集検索TOPに戻る