用語集

電力 太陽光
宅地造成工事規制区域
読み:たくちぞうせいこうじきせいくいき

造成を目的とした工事を行うことによって災害がおこる可能性があるため、工事に規制がかかっている区域。宅地造成規制法に基づいて、都道府県知事等(都道府県知事と、政令市、中核市、特例市の長や事務処理市町村の長も含む)が指定する。

この区域内で次のいずれかに該当する工事を行う場合は都道府県知事等の許可が必要となる。

(1) 切土で、高さが2mを超える崖(30度以上の斜面)を生ずる工事

(2) 盛土で、高さが1mを超える崖を生ずる工事

(3) 切土と盛土を同時に行う時、盛土は1m以下でも切土と合わせて高さが2mを超える崖を生ずる工事

(4) 切土、盛土で生じる崖の高さに関係なく、宅地造成面積が500㎡を超える工事

また、さらに

・高さが5mを超える擁壁の設置

・切土又は盛土をする土地の面積が1500㎡を超える土地における排水施設の設置

に該当する工事を行う場合は以下のいずれかの者の設計による必要がある。

(1) 大学において、正規の土木又は建築に関する課程を修めて卒業した後、土木又は建築の技術に関して2年以上の実務の経験を有する者

(2) 短期大学において、正規の土木又は建築に関する修業年限3年の課程(夜間において授業を行うものを除く。)を修めて卒業した後、土木又は建築の技術に関して3年以上の実務の経験を有する者

(3) 短期大学又は高等専門学校において、正規の土木又は建築に関する課程を修めて卒業した後、土木又は建築に関する課程を修めて卒業した後、土木又は建築の技術に関して4年以上の実務の経験を有する者

(4) 高等学校又は中等教育学校において、正規の土木又は建築に関する課程を修めて卒業した後、土木又は建築の技術に関して7年以上の実務の経験を有する者

(5) 大学院に1年以上在学して土木又は建築に関する事項を専攻した後、土木又は建築の技術に関して1年以上の実務の経験を有する者

(6) 技術士法による第二次試験のうち技術部門を建設部門とするものに合格した者

(7) 建築士法による一級建築士の資格を有する者

(8) 土木又は建築の技術に関して10年以上の実務の経験を有する者で、都市計画法施行規則第19条第1号トに規定する講習を修了した者

用語集検索TOPに戻る