用語集

電力 太陽光 行政(制度) 商業(制度、サービス)
全量売電
読み:ぜんりょうばいでん

発電した電気の全量を電力会社に買い取ってもらうこと。発電した電気から自家消費分を差し引き、余った電力を電力会社に買い取ってもらうことは余剰売電という。全量売電による利益は余剰売電と比較して高くなることが多く、電力会社を介して他の需要家に供給することで全体の再生可能エネルギー使用量を高めることができる。設置容量が10kW以上の場合は余剰売電と全量売電を選択することができ、10kW以下の場合は余剰売電となる。全量売電は余剰売電と比較して価格は低いが保障期間が長いといった特徴がある。

用語集検索TOPに戻る