用語集

電力 太陽光 バイオマス 水力 風力 地熱 行政(制度)
全量買取制度
読み:ぜんりょうかいとりせいど

発電した電力をすべて電力会社に買い取ってもらう制度。自家消費分は別途系統電力で補う。余剰電力が少ない設備や、電力事業者自身の設備などで用いられる。節電を促す効果は薄いとされている。全量買取制度によって全量売電を行う場合、パワーコンディショナーから直接売電メーターに接続しなければならないため、すでに余剰電力買い取りの契約をしている場合は配線工事が必要となる。

また、全量買取制度では自家発電された電力が一度全て系統電力に流れるため、接続量によっては再生エネルギーの持つ不安定さがそのまま系統電力にも現れてしまうことになる。そのため電力会社は出力制御ルールを設け、安定した電力供給を目指している。

用語集検索TOPに戻る