用語集

太陽光 テクノロジー
分光分布
読み:ぶんこうぶんぷ

光の中にどの波長成分の光がどのくらい含まれているかを表したもの。これにより演色性や光のエネルギー強度、色温度などを予測することができる。

受光器の波長特性を表す場合は分光感度という。

分光分布は、太陽電池の発電量の波長特性を知るにあたって重要な指標であり、これにより半導体ごとの光吸収係数(光が物体中を1cm進んだときの強度減衰の尺度)がわかる。

用語集検索TOPに戻る