用語集

太陽光 行政(制度)
即時償却
読み:そくじしょうきゃく

設備の減価償却を一括で行うことで、導入初年度の利益を減らし、法人税を軽減させる制度。

法人税が一定の場合は、年数が経てば同じ結果になるが、法人税の減税が見込まれる場合は即時償却を行ったほうが得となる場合がある。

生産性向上設備投資減税制度によって、生産性の向上が認められたものには即時償却が認められる場合がある(平成28年3月31日まで。それ以降は50%の償却が認められる)。

生産性の向上とは、太陽光発電においては「投資利益率が15%以上(中書企業においては5%)」が要件とされており、投資計画書を経済産業省へ申請する必要がある。

用語集検索TOPに戻る