用語集

太陽光 テクノロジー 部品製品
バスバー
読み:ばすばー

太陽電池セル表面には2種類の配線があり、細く数が多い配線をグリッド線、太い白色の配線をバスバーという。

グリッド線はバスバーに直交するように接続されている。バスバーはバスバー電極とも呼ばれる。

太陽電池セルで発電した電気は、グリッド線を通ってバスバーに集められ、電流として取り出される。太陽電池セルのバスバー電極同士を接続することで太陽電池モジュールが作られる。

一般にバスバーの数は2本から4本で、バスバーの数が多いほど電気の移動距離が短くなるため、セル内で発生する電気抵抗は減少するが、その分受光部面積が減少してしまう。この問題を解決するために、バスバーをセルの裏側に配置したバックコンタクトセルという方式のものがある。

用語集検索TOPに戻る