用語集

電力 太陽光 テクノロジー
直列接続
読み:ちょくれつせつぞく

電池や電気抵抗を回路上で直線状に繋いだもの。電池を直列に繋いだ場合、繋いだ数に比例して得られる電圧も大きくなり、電気抵抗を直列に繋いだ場合、その回路全体の抵抗値は各抵抗値を合計したものになる。

太陽光発電においては、太陽電池セルを直列・並列に接続しまとまった電力を得られるようにしたものを太陽光パネル(モジュール)といい、さらにモジュールを直列でつなげたものを太陽光ストリングという。こうした接続を行うことによってより大きい電圧が得られるようになり、出力される電力(=電圧×電流)が大きくなる。

用語集検索TOPに戻る