用語集

太陽光 テクノロジー 部品製品
単結晶シリコン太陽電池
読み:たんけっしょうしりこんたいようでんち

太陽電池セルが一つの大きなケイ素の結晶で出来ている太陽電池。セル表面に割れ目などがなくきれいなのが特徴である。ケイ素原子が規則的に配列されており、シリコンの性能を十分に引き出すことができるため変換効率が最も高い。また、最も古くから製造されているため研究が進んでおり、故障が少ないとも言われている。一方で多量のシリコンを使用するため非常に高価で、また温度上昇により性能が下がることがある。

製造工程の都合上、一つ一つのセルの形は8角形となる。

用語集検索TOPに戻る