用語集

太陽光 行政(制度)
償却期間
読み:しょうきゃくきかん

太陽光発電システムを設置するまでにかかった費用を、発電で削減できた光熱費や余剰電力を売った費用などで回収する期間のこと。

例えば、太陽光発電システム導入に1000万円かかり、一年あたり100万円の売電収入が見込まれる場合は、償却期間は10年である。

耐用年数は法律で定められている、償却資産(土地や家屋以外で、事業の用に供する事ができる資産)の減価償却のための分割期間のことであり、償却期間とは異なる。

用語集検索TOPに戻る