用語集

電力 太陽光 行政(制度) 商業(制度、サービス)
余剰電力
読み:よじょうでんりょく

全発電電力から自家消費分を除いた電力のこと。主に、低圧や家庭用の発電所で採用されることが多く、自家消費されなかったから余剰電力を電力会社に買い取ってもらうことを余剰売電という。余剰売電は、売電による利益は少ないが各家庭での節電を促す効果や、エネルギーの地産地消を促進する効果があるため注目を浴びている。一方で投資を目的とした発電電力の全てを電力会社に買い取ってもらうことを全量売電という。今後は買い取り価格が下がることが予想され、全量売電よりも余剰売電の方にさらに注目が集まるとされている。

用語集検索TOPに戻る