用語集

太陽光 テクノロジー
使用周囲温度
読み:しようしゅういおんど

太陽光パネルが稼動している際の本体の温度のこと。太陽光パネルの特徴として、本体の温度が上昇すればするほど発電量が減少してしまう。一方で使用周囲温度が下がれば下がるほど発電出力は上がる。たとえば7月、8月の真夏よりもむしろ、3月から6月のほうが発電量は多くなる。

用語集検索TOPに戻る