用語集

太陽光 行政(制度) 商業(制度、サービス)
ピークカット
読み:ぴーくかっと

電力需要家、発電所が行う電力削減の取り組みのこと。

1.需要家

昼間などの電力ピーク時に省エネ機器や蓄電池を用いることによって電気使用量を減らす、また太陽光発電などの再生可能エネルギーを用いてピーク時の電力使用量をまかない、余った分をほかに供給するといった取り組みをさす。電気代の削減に繋がるだけではなく、火力発電を用いて作られた電力の使用量を減らすことで、CO2削減効果もある。

2.発電所

50kW以下の低圧連系で発電する際、あえて50kWより上の発電量を持つパネルと50kW未満のパワーコンディショナーを導入することで、ピーク時の余剰発電分をカットし、それ以外の時間帯の発電量が通常よりも増やす方法をさす。これにより、総発電量が増加し、売電収益の向上が見込める。またピーク時にカットされた分の電力を蓄電池に貯める方法も増えてきている。

用語集検索TOPに戻る