用語集

太陽光 テクノロジー 部品製品
有機系太陽電池
読み:ゆうきけいたいようでんち

光電変換層に有機化合物を用いた太陽電池。シリコンを用いた太陽電池とは異なり、常温・常圧下で加工できるため生産コストが低く、着色性や柔軟性をもたせることができる。

変換効率と耐用年数に課題が残るが、将来性の大きい分野である。現在は有機色素を用いて光起電力を得る「色素増感型太陽電池」と、有機電子供与体(ドナー)と有機電子受容体(アクセプター)が相互に作用して発電する「有機薄膜太陽電池」が開発されている。

一般に安価・軽量であるが変換効率はあまり高くない。

用語集検索TOPに戻る