用語集

電力 太陽光 テクノロジー 部品製品
WHM
読み:だぶりゅーえいちえむ

Watt-Hour Metersの略で電力量計のこと。使用された電力を積算し計量する電気計器である。電力メーターもしくは略式としてメーターともいわれる。電力会社との電力売買取引を行う上で、重要な計器となっている。現在一般的に広く用いられている電力量計が、誘導型電力量計であり、電気使用量に応じて円盤が回転し、電気使用量が計測できる仕組みになっている。また近年増加しているオール電化住宅に対応した、デジタル式の電子式電力量計(スマートメーター)は「オール電化向け契約」(時間帯別電灯契約)に対応し、時間帯区分ごとの検針票が発行できる仕組みとなっている。

用語集検索TOPに戻る