用語集

太陽光 テクノロジー 部品製品
薄膜シリコン
読み:はくまくしりこん

太陽光発電パネルに用いられる技術の1つで、シリコンを含む原料ガスを付着させることでできる薄いシリコンの膜。アモルファスシリコンと微結晶シリコンの2種類がある。どちらも結晶型シリコンと比べ、原料のシリコン量がわずかですむので、コストが低いのが特徴。但し変換効率は結晶型シリコンよりも低く、同じ最大出力を得るためには、薄膜シリコンは結晶型シリコンよりも大きな面積のパネルが必要となってくる。しかし結晶型シリコンと比べ、高温時の出力低下量が低く、夏場などでは発電量が生じるため、比較的気温が高い地域では薄膜シリコンの方が有利であるといった見方もある。

用語集検索TOPに戻る