用語集

太陽光 テクノロジー 部品製品
CIS太陽電池
読み:しーあいえすたいようでんち

銅(Cu)、インジウム(I)、セレン(Se)の3種類の元素を主原料とする化合物半導体を用いた化合物系太陽電池。結晶シリコン型に比べ、炎天下でも熱を持ちにくく、そのため暑い夏の時期のような高温時においても出力ロスが少ない。また他の化合物系と同様にパネルが部分的に影に晒されても、影が当たっていない部分では発電を行う事ができるため多結晶シリコン型に比べて設置環境の制限が減ることが特徴である。

用語集検索TOPに戻る