用語集

太陽光 テクノロジー 部品製品
化合物系太陽電池
読み:かごうぶつけいたいようでんち

セルの原料にシリコンではなく、複数の物質を組み合わせて使うタイプの太陽電池。、銅(Cu)、インジウム(In)、セレン(Se)を原料とするCIS太陽電池、これにガリウム(Ga)を加えたCIGS太陽電池、テルル化カドミウム(CdTe)を使ったカドミウムテルル(CaTe)太陽電池などがある。シリコンに比べて理論的な変換効率が高く、技術開発の余地が大きい。また、影によってパネル全体の発電量に影響がでるシリコンと違い、影を受けた部分のみにしか影響が出ないという利点がある。CIS太陽電池、CIGS太陽電池は日本メーカーも取り扱っているが、CaTe太陽電池は毒性のカドミウムによる環境汚染が懸念され、現在国内メーカーでは生産されていない。

用語集検索TOPに戻る