用語集

太陽光 行政(制度)
環境税
読み:かんきょうぜい

地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出する石油などの化石燃料に課せられる税。化石燃料内に含まれる炭素の量によってその税額が決まる。「炭素税」「温暖化対策税」とも呼ばれる。具体的には、化石燃料ごとにCO2排出原単位を算出し、それぞれの税負担がCO2排出量1トン当たり289円に等しくなるよう、単位量当たりの税率を設定している。また、急急激な負担の増加を避けるため、3年半かけて3段階に分けて引き上げられる。2016年4月より以下の税率が課される。

・石油 760円/kl

・石炭 670円/t

・ガス 780円/t

用語集検索TOPに戻る