用語集

電力 太陽光 行政(制度) テクノロジー
逆潮流
読み:ぎゃくちょうりゅう

消費する電力量よりも自家発電する電力量が上回った時に余剰電力が電力会社側へ流れること。通常電流は高いところから低いところへ流れるため、電力会社で発電された電力は変電所を伝って一般家庭へと供給されてきた。しかし太陽光発電などの自家発電設備によって消費電力よりも発電電力が上回った場合に逆潮流が発生し、電力会社側へ電気が流れることになる。従来はこの逆潮流が電力安定供給に支障をきたすため(バンク逆潮流)禁止されていたが平成24年の再エネ法の施行により、逆潮流が解禁されることとなった。

用語集検索TOPに戻る