用語集

太陽光 テクノロジー 部品製品
結晶シリコン系太陽電池
読み:けっしょうしりこんけいたいようでんち

シリコンを原料とした半導体基板を用いた太陽電池のこと。単結晶シリコンと多結晶シリコン太陽の2種類がある。単結晶シリコン太陽電池は、精製された純度の高いシリコン結晶を用いて創られており、変換効率が高く、また開発研究が多くなされているため故障も少ないといった高性能、信頼性が特徴。しかし原料となるシリコン基板の価格が高く、1W当たりのコストが高い。多結晶シリコン太陽電池は、単結晶シリコンを作る際に発生したシリコンの残りやパソコンに使われていたものなどを用いており部分的に結晶化されたパネルとなっている。純度は単結晶に比べ低いため、変換効率は劣るが、相対的にコストが安い利点がある。

用語集検索TOPに戻る