用語集

太陽光 テクノロジー 部品製品
建材一体型太陽電池
読み:けんざいいいったいがたたいようでんち

太陽光電池の施工方法の1つで、太陽電池と屋根材を一体化させて設置すること。屋根そのものが太陽電池としての機能を果たすため、据え置き型に比べて屋根を傷つけることなく設置できる。屋根と同化しているため簡単にメンテナンス出来ないことが欠点だが、景観性に優れ、屋根設置と同じ工程で取り付けられるのでトータルでの施工性も高く、屋根全面を発電パネルで覆うことが出来るため発電面積が多くなる。

用語集検索TOPに戻る