用語集

太陽光 テクノロジー 部品製品
色素増感太陽電池
読み:しきそぞうかんたいようでんち

光を吸収する色素を酸化チタンに塗布することによって発電する太陽電池。湿式太陽電池やグレッツェル電池とも呼ばれる。他の太陽電池に比べ、比較的簡単な材料で製造することができる。変換効率は他の太陽電池に比べて劣るが、色素は様々な種類から選ぶことができ、薄く塗布するだけで機能するので、形やデザイン性を持たせることが出来る。複数の色素を組み合わせることにより発電効率が向上するため開発研究の余地が大いにあるが、現時点ではシリコン太陽電池には及ばない。

用語集検索TOPに戻る